洋服お直し規約

本規約は、服直し早太郎が提供するサービス(以下、「本サービス」といいます)について規定したものです。

本サービスをご利用いただけるのは以下を同意いただいたものとします。 

 

 

お直し寸法の許容について

採寸方法は平置き採寸とします。

直し寸法について平置き採寸+ー2cm許容とさせていただきます。(ニットは+ー3cm)

理由は以下になります

衣料品の採寸は一般お客様と専業者との正確な採寸差異が大きく出てしまうため

衣料品は新品は特に生地により洗濯、クリーニング行うことで寸法が変わることが多いため、特に伸縮のある生地の採寸はプロでも誤差が出やすいため。

 

 

糸色や太さについて

当社在庫の糸色中からお直し品に近い色あわせた糸でお直しします。基本的にお預かり品と全く同じ色の糸や太さを用意することはお約束できません、あるものでの対応になります

糸のこだわりがある場合はお直し品と一緒にお送りください。

ミシン糸以外の糸の支給をされてもできません。また当社で縫えない糸を支給された場合お断りさせていただくことがあります

 

 

縫い幅やステッチ、縫い代について

ステッチ幅、縫い代、縫い幅などは元の見本と全く同じ幅にならないことがあります。

お直し寸法やミシン事情で変更せざる得ないことが多々ありますのでご了承ください

 

 

直し跡

お品物によりお直し過程で縫い目、折り目、針跡、色落ち、布焼け、朽ち、

※お直し過程のほどきにより傷、跡、穴が残る場合があります。それらが起こった場合でも返金ポリシー対象にはなりません。

【例】

・特に革・合皮・ナイロンのお直しは解いて針跡がしっかり残る。ステッチをかけなおす場合も全く同じ場所に針を落として仕上げることはできないので過去の跡等がのこりやすいです

 

 

 

お直しの必然性について

洋服を直すと説明しきれない変化がたくさんあります。

例えばズボンの裾上げを10センチするお直しを依頼した場合、

ズボンの裾は10センチつまりますが必然的にズボン構造は裾に向かって裾幅が狭まっている構造が大半ですのでお直しする前とお直しした後では裾幅の位置が10センチ上になるので必然的に裾幅が広くなります。他にも詰める範囲に刺繍や洗濯ネームがあればなくなるもしくは途切れる、ベンツやスリットあれば短くなる又なくなったりこのように目的の裾が10センチ上がることは達成されますが必然的に別の箇所は元の寸法でなくなってきたり、途切れる、短くなる、なくなることがこの一例でもあるように、

お直しする箇所以外の変化はお直しの必然性とし返金ポリシーに値しないものとする。

 

ほかジーンズの裾上げした際、元の色落ち具合やダメージ感がなくなる

 

 

発送について

お直し品以外の品物送料は負担できませんのでお送りされた場合、返送料無料にならず着払いになりますのでご注意ください

 

購入キャンセル

・購入後1週間経ちましてもお客様お荷物が届かない場合こちらよりキャンセルさせていただくことが可能なものとします。

・お客様の自身のカート購入ミスについて発送前にお気づきでしたらキャンセル可能です。問い合わせフォーム又LINEにて申し付けください。

・キャンセルになった場合返送料はお客様負担で着払いになります。(受け取り拒否などされた場合処分させていただきます。)

・作業中の商品のキャンセルや返金はできません。

・お客様の一方的な注文内容や当社ご利用のご理解難しいと判断した場合

・お直し不可能なものの場合

・過去にトラブルを起こされたお客様のご利用をお断りさせていいただくことがあります。

 これら事前の確認は致しませんのでご注意ください

 

お直し方法について

お直し会社によって千差万別、様々ですので、当社にお任せで同意したとういことになります。ご指定いただいてもできないこともありますのでこだわりがある方は購入前にご相談いただくことをお勧めします。

 

 

 

 

その他お直し箇所を見つけた場合

お直しはお客さまからご依頼いただいた部分以外は作業を行いません。

 

お直し注文について

お直し不可能な衣類もありますのでご注意ください。不可能な場合の事前の連絡はありません。その分の返金処理をさせていただき、注文変更または注文キャンセルさせていただくものとします

単品のみの注文の場合着払い返送になります。


寸法ご指示いただいてもできる限りの可能な範囲でのお直しになることがあります。事前の連絡はありません

 

 ワンサイズ以上(5cm以上)のお直しは形やバランスが崩れる可能性がありますので返金ポリシー、再直しに該当しないものとする

 

納品書や作業内容報告書などはありませんのでご理解いただける方のみご利用お願いします

 

ご相談いただきアドバイスやご提示させていただいてますが、お直しのご注文は如何なる場合もお客さまの判断で自己責任で決定したものとなります。

 

※寸法指定などない見本によせてください等のお任せお直し依頼の場合、当社はいかなる場合も返金ポリシーや再直しに該当しないものとする。

 

お直し品の多少のシワ等の発生は当社はお客様に寸法を指定していただきお直ししているサービスの為一切の対応外になります。(お任せお直し等も含む)

 

お客様都合の納期指定に関しましては一切の返金ポリシーに該当しないものとなります  

 (例)最短納期の1~3日の場合は3日で納期計算いただけないお客様

 

お直し後の衣類洗濯、乾燥機、クリーニングされた場合へ返金ポリシーに該当しないものとなります  

 

誤解をさせるお直し表示指示や購入内容の間違えミスでお直しした時

誤解させる指示にてお直しを行い間違えた時、また購入内容の間違えミスの時、二つ以上お直し寸法指示の時など返金ポリシーに該当しないものとする 

 

お直し発生した切れ端は基本的に処分させていただきます

必要な方は商品のメモ欄に記入ください。又、また切れ端の残り寸からの逆算などによる寸法と合わないなども返金ポリシーに該当しない致しませんのでご了承ください。(現状既製品は裾や布端が均等になだからになっているものは多くありません。カクカクしたり縫いしかみ(パッカリング)が多いです。それらをバランスよく裁断している為に切れ端が均等にならないことが多々あります。

 

 

お直し加工中に起きた汚れや傷の証明

お直しに出して傷がついた、汚れていたなどというご主張をされる場合いかなる場合も施術前の証拠写真がないと返金ポリシーに応じることができませんので、神経質な方はお直し出荷前に服の写真など撮っておくことをお勧めします。

 

返金について

洋服お直し規約と返金ポリシーの条件に該当され弊社に過失がある場合いたします。基本的に決算いただいた方法で返金する形になります

服直し早太郎netの返金定義とはお客様がお支払いいただいたお直し代金(弊社の過失分)のみであり、お直し品の弁償、損害賠償をは一切負いかねませんのでご理解いただける方のみご利用ください。

  

お客様とのトラブルについて

ある内容について、お客様と当社の間で問題発生トラブルの起きている、または解決した際にまた新たに別の内容を追加で事後報告にて不良や過失を主張される場合は極めて悪質なケースや故意されたものと判断させていただき当社対応外になります。また返金ポリシーに一切該当しないものとするとともに今後お客様の一切利用停止、最悪威力業務妨害などの手続きをとらせていただきます。

 

 

お客様の直し内容、衣類番号の記入漏れ忘れや又購入ミスある場合遅延していきます

上記理由で例えば遅延になったとしても差額のなど返金は当社責任でないためできないものとする。

 

SNSやこのホームページになどでお直し事例や縫い仕様などで紹介させていただくことがあります。

不可能な方はお直し事例不可などとメモ欄等にご記入ください。

 

メールの発送通知と実際お直し商品が連動してないことがあります。